在宅プログラマとして活躍するためには仕事を確保しよう!

在宅プログラマ入門書

僕たち通勤しません!目指せ、在宅プログラマ!

チョイス

プロとして働いていくために

副業であれ、本業であれ、在宅プログラマとして個人で仕事を請けるということは、個人事業主として仕事をするということです。プロの在宅プログラマとして仕事を獲得していくために、やっておくべきこと、知っておくべきことなどを紹介します。自身の得意分野、言語、開発規模などを分析しつつ、業界の動向をチェックすることも大切です。また、プログラマならご承知の通り、開発にはデスマーチがつきものといっても過言ではありません。在宅で働くからと言ってデスマーチと無縁になれるわけではありません。自分の身は自分で守っていきましょう。

Webを利用して動向を探る

最近ではプログラマの求人にも在宅案件が増えてきています。過酷なサラリーマンプログラマから悠々自適な在宅プログラマを夢見る人も増えていますが、現実はそう甘くはありません。とあるデータでは、年収300万円以上を稼いている在宅プログラマは、全体の3%ほどしかいないとも言われています。そこで、高収入が期待できるプログラマになるためにはどうしたらよいか、企業の動向を探ることでその答えが見えてきます。求められるプログラマになれれば、必然的に仕事量も収入もアップしていくでしょう。どうすればニーズを把握することができるのか、詳しく解説します。 Webを利用して動向を探るの続きはこちら

紹介を利用して仕事を受ける

フリーの在宅プログラマが仕事を受けるときには、人からの紹介を利用することも多いようです。そういった場合、仕事を進める上でいくつか注意する点があります。紹介で仕事を受ける場合は、まず先方と直接会って、求められている案件や納期などについて詰めてから見積書を作り、正式な契約を交わしたら仕事を進めます。納品後に請求書を送り入金が確認できれば、仕事は終了です。相手方のいるところで決めるべきことは決めること、メールの返信はすぐに行うことや、「報連相」をしっかりすること等細かなことに気をつけて、信頼されるプログラマになることが重要だと言えるでしょう。 紹介を利用して仕事を受けるの続きはこちら

デスマーチとの戦い

システム開発に関わるエンジニアなら、デスマーチは当たり前。受け入れるしかない。そう思っているプログラマは少なくありませんが、デスマーチで本当に倒れてしまったら何の意味もありません。在宅プログラマは特に、体が資本だという意識をしっかり持って、自分の身は死守しなければなりません。とはいえ、現実的には否が応でも巻き込まれるしかないデスマーチがほとんどです。ではどうしたらよいのか?そのヒントを得られるかもしれない本を一冊、紹介します。 デスマーチとの戦いの続きはこちら

PV数の多いサブテーマ

在宅プログラマ入門書

Copyright © 2015 在宅プログラマ入門書 All Rights Reserved.